FOR YOUR AMBIENT SUKENO

BLOG

欧州硝子展開催 7/23(土)~  -コスタ・ボダ編-2016/07/18

 

 

九州から東海地方にかけて梅雨明けしたようですね。
本日の高岡はどんより曇り空ですが、
北陸の梅雨明けも間近でしょうか。

 

 

 

blue image pic2

 

 

 

今週末、7月23日より開催を予定しております
「欧州硝子―鮮麗たるヨーロッパガラスの世界」展からご紹介いたします。
最終回の第三回目は、現存するヨーロッパのガラス工場で
最も古い歴史をもつコスタ・ボダです。

 

その起源は、1742年にスウェーデン南部のスモーランド地方で設立された
ガラス工場「コスタ」に始まります。
社名はスウェーデン国王カール12世配下の二人の将軍アンダース・コスクルと
スタン・フォン・ホルステンの名前を組み合わせて作られ、
ヨーロッパの現存するガラス工場の中で一番古い歴史を持ちます。
その後、「ボダ」社との合併を経て71年社名を「コスタ・ボダ」となりました。
芸術性、カラー、デザインにおいて類を見ない特徴的なブランドとして世界中にファンをもち、
スウェーデン王室の晩餐会でも使用されています。
現在も一流の芸術家でもある専属デザイナー達と熟練した職人達の息のあったチームプレーにより、
北欧らしい芸術性あふれる製品を作り出しています。

 

 

Bertil Vallien Gjuter batar

 

今年の春先にAURORA(オーロラ)シリーズがSUKENOへ仲間入りしました。
コスタ・ボダ専属デザイナー、シェル エグマンの新作。
その名の通りオーロラをイメージした幻想的な色使いが魅力的なフラワーベースです。
ボディに施された小さなクリスタルの粒がオーガニックなフォルムをより際立たせています。
シェルの作品は、動物と音楽からインスピレーションを刺激された作品づくりが特徴と言うだけあって
存在感あるオブジェとしても活躍しそうです。

 

 

11373794_395625810561911_1509707257_n

 

 

また、今回の欧州硝子展では世界限定数のみ製作された
専属作家によるアートピース作品を特別展示いたします。

 

 

 

 

 

ラリック・バカラ・コスタ ボダ
欧州硝子 ―鮮麗たるヨーロッパガラスの世界―展

会期  2016年7月23日(土)~8月16日(火) 11:00~18:00 毎週水曜は休館

会場  SUKENO 三女子モデルハウス  高岡市三女子127 TEL0766‐25‐4190

入場料  無料

 

SORA9730

 

和の空間×欧州硝子のコラボレーション。
ひとりでも多くの方に、この感動をお伝えすることができると嬉しいです。
冷たいお茶をご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

7/16(土)17(日)18(祝) 富山市・二世帯住宅 新築完成見学会 開催2016/07/15

 

open_house

 

WOODYな二世帯の家  完成見学会

 

160716_s

 

外壁に、船のデッキにも使われる耐水性の高い木材を採用。

板張りの室内に、リビングつながりの和室。

家族全員が共有できる大型玄関収納。 ご両親それぞれの趣味室。

お施主様の想いとアイデアが形になった住宅を是非ご覧ください。

 


 

 

二世帯住宅 新築完成見学会

本見学会は、予約制となっております。

ご来場日時をご予約ください。 TEL 0766-26-6680  または、 見学会ご予約フォーム

*お施主様のご厚意のもと、開催される見学会です。

*小さなお子様のご入場はご遠慮くださいますよう、お願い致します。

*画像は完成イメージパースです。

 

欧州硝子展開催 7/23(土)~  -バカラ編-2016/07/12

 

 

7月も半ばに入り、北陸の梅雨明けはそろそろでしょうか。

 

 

SORA2568

 

 

先週に引き続き、本日も欧州硝子展に出品されているブランドをご紹介します。
第二回目は、フランス王室始め各国の王室から愛されている、
クリスタルガラスの最高峰、バカラです。

 

 

バカラの創設は1764年。
ローレヌ地方バカラ村に誕生し、司教ラベルが失業者救済策として
国王ルイ15世にガラス工場を嘆願したのが始まりです。
1817年からは屈折率、透明度の高い鉛クリスタルの製造を開始し、
2年前の2014年で250周年を迎えました。
その特色は、なんと言っても手を加える余地のない完璧さ。
ダイヤモンドのような輝きと重量感をもったクリスタルガラスにあります。
フランスの高級クリスタル製品の半分を生産する最大のクリスタルガラスメーカー
として長年君臨し、MOF(フランス最高優秀職人)の称号を受けたスタッフが
これまでに40人以上も在籍していることもクオリティの高さを証明しています。
技法としては、カッティング、エッジングを得意としています。
カット面が平らになるフラットカット。
シャンパンシリーズで名高いドンペリニヨンシリーズで見られるボウル、
ステムにかけてつなぎ目がない完成度が特徴です。

 

 

IMG_0308

 

 

現在作られているバカラのクリスタル製品には鉛が30%も含まれています。
(通常のクリスタルガラスは鉛24%)。バカラ独自の調合が、指ではじいた時に
キーンと澄んだ金属音を響かせます。
ところが、今回の展示で中心となる「オールドバカラ」(一般的に19世紀までに
作られたバカラのことをさします)には鉛があまり使われていない作品がほとんどです。
クリスタル技術も繊細で、現在作られているバカラのグラスと比べると
若干薄いグラスもあるようです。
また、オールドバカラの作品には、この世に一点しかないものも少なくありません。
それは、当時の貴族たちが「自分だけのバカラ」として注文していたことが
関係しているようです。

 

 

今展では、この貴重な「オールドバカラ」のほか、アール・デコを代表する「ラリック」、
さらにはスウェーデンの「コスタ ボダ」のガラス作品をご覧頂けます。
コスタ ボダについては、次回またご紹介したいと思います。

 

 

ラリック・バカラ・コスタ ボダ
欧州硝子 -鮮麗たるヨーロッパガラスの世界- 展

 

会期  2016年7月23日(土)~8月16日(火) 11:00~18:00 毎週水曜は休館

会場  SUKENO 三女子モデルハウス   高岡市三女子127 TEL0766‐25‐4190

入場料  無料

 

 

SORA9764

 

 

和の空間×欧州硝子のコラボレーション。
美しいモノやコトは、私たちの心を癒してくれます。
ほんのひと時ですが、
SUKENOの作り上げる世界で
ゆっくりとおくつろぎくださいませ。
冷たいお茶をご用意して皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

 

 

欧州硝子展開催 7/23(土)~  -ルネ・ラリック編-2016/07/04

 

 

7月に入り、急に暑さを増した今日この頃。
梅雨のジメジメとした鬱陶しさも、あと少しと思いたいですね。
本日は、そんな気持ちを吹き飛ばすような、爽やかなお知らせです。

 

 

SORA2545

 

 

 

この度、ショールームに併設する三女子モデルハウスにて
「欧州硝子 -鮮麗たるヨーロッパガラスの世界-」展を開催する運びとなりました。
ラリック、バカラ、コスタ・ボダ。
いずれも200年以上もの長い間、世界で愛されている
ヨーロッパガラスの作品が一堂に会します。

 

会期  2016年7月23日(土)~8月16日(火) 11:00~18:00 (毎週水曜は休館)

会場  SUKENO 三女子モデルハウス  高岡市三女子127   TEL0766‐25‐4190

入場料  無料

 

 

 

 

本日より3週に渡り、欧州硝子展でご紹介します
硝子の魅力を綴っていきたいと思います。
第一回目はアール・ヌーヴォ―(19世紀末~20世紀初)、
アール・デコ(1910年代半ば~30年代)の両時代に活躍したルネ・ラリックです。

 

 

ジュエリーとガラス工芸、さまざまなジャンルの作品を手掛けた
アーティスト、ルネ・ラリック。
ラリックは1860年にシャンパーニュに生まれました。
パリとロンドンで装飾工芸を学んだ後、1885年からアール・ヌーボー様式で
名高いジュエリー作品を次々に発表し、宝飾デザインに革命的ブームを
巻き起こします。その後パリで開催された、1900年の万国博覧会で
その名は世界に知れわたりました。
当初は、有名ジュエラーに卸す形で販売をしていましたが、
1905年、老舗ジュエラーのひしめくヴァンドーム広場24番地に
自らの店を構えました。当時、ラリックといえば最先端を行く
モダンジュエリーの代名詞だったのです。

 

 

SORA2593

 

 

そんな順風満帆なラリックに、1907年、転機が訪れます。
香水商フランソワ・コティの依頼を受けて香水瓶のデザインに着手し、
繊細で美しい香水瓶の量産に成功。
またたくまにルネ・ラリックのデザインした香水瓶は、
世界中の女性の憧れとなりました。
これをきっかけにルネ・ラリックはガラス工芸に転進します。
以後、アール・デコ国際展覧会(1925年、パリ)のシンボルとなった
巨大なガラスの噴水、オリエント急行や大西洋横断客船「ノルマンディー」号の内装、
朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の正面玄関を飾る女神像のレリーフを初め、
歴史に残る名作を次々に発表。
こうしてラリックはアールデコのガラス工芸をリードする代表的工芸家と
注目されるようになりました。

ラリック作品の主なテーマとなったのは自然の美でした。
花や樹木、昆虫、動物、そして神秘的な女性像。
卓越したデッサン力と構成力によりデザインされたモチーフは、
世界最高の技を誇る多彩なサティナージュ(フロスト加工)をはじめ、
あらゆる装飾の技法を駆使してニュアンス豊かに表現されます。
ルネ・ラリックの作品には、現在でも世界中に熱狂的なコレクターが
存在し、愛され続けています。

 

 

SORA2586

 

ヨーロッパ初のラリック美術館が、2011年、フランスにオープン。
日本国内では、箱根美術館や東京庭園美術館でもご覧頂けますが、
今回展示するラリック作品は、いずれも弊社オーナーが独自に
ヨーロッパで買い付けた数少ない貴重な作品ばかりです。

時代を超えてなお、人々に驚きと感動をもたらすルネ・ラリック。
和の空間×欧州硝子のコラボレーション。
SUKENOプロデュースの和の空間と名作オリジナルの数々を
是非ご堪能くださいませ。
冷たいお茶をご用意して皆様のご来場、心よりお待ちしております。

 

 

01gaikan