FOR YOUR AMBIENT SUKENO

インテリア

「臼田けい子-暮らしを楽しむおいしい器」20日まで開催中です。2017/08/16

0812-001


11日より開催しております、臼田けい子 - 暮らしを楽しむ『おいしい器』。

引き続き、今週末の20日(日)まで開催しております。

0812-002


今回は、臼田さんの代表作ともいうべき瑠璃色の器に加え、「富山の方がお好きなのでは…」(臼田さん談)ということで、自然釉の作品も数多く出品されています。

 

0812-005


お客様と歓談される臼田さん。

作家さんご本人から制作秘話が聞ける貴重な時間。

 

 

 

今回の個展のオープニングイベントとして開催された

「器と料理、おいしい暮らしの知恵」の模様を少し、ご紹介いたします。

 

11日・12日の計3回、開催されたこのイベント。

沢山の方からご予約のお電話を頂戴し、早々に定員に達しました。

臼田さんご本人と、東京で35年間「うつわや」を営まれ、料理好きが高じて

料理本も出版されている あらかわゆきこさんを特別ゲストにお迎えして、

あらかわさんの手料理を頂きながら、料理の盛り付け方や器のお話をお聞きしました。

 

0812-004


イベント前に、庭に自生していた草木を

花器に生けられるあらかわさん。生けられる佇まいがステキです。

 

 

0812-006


雑誌「DISCOVER JAPAN」の別冊「50人のうつわ作家」の取材を受けた時の

エピソードをお話しされる臼田さん。今回、富山は初めてとのことで、「おいしいお店、

ご存じでしたら、教えてくださーい。」と。気さくで、誰からも愛されるお人柄は、

作品にも投影されています。

 

0812-007


建築事務所に勤務後、「うつわや」を開いたあらかわさん。「建築家や、器の作家さんたちは

みなさん、暮らしぶりがとてもステキで、みな料理をすることも食べることも好き。

私の料理は、そんな周りの方から教わりました。」

 

臼田さんとは、臼田さんがデビューされてから20年来のご友人。

今回、アシスタントとして来ていただいた、臼田さんのお姉さまも、元々は器作家さんで、料理上手。

 

3人のトークに参加者の皆さんも笑いが絶えない、楽しくおいしい会となりました。

 

0812-008
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
DSC05210


「盛り付けのときに余白を残すのがポイント。料理が映えて、引き立ちます。」
と、あらかわさん。

「私が瑠璃の器を出したころは、まだ瑠璃色は少なくて、受け入れてくださる方も少なかったんです。
そのなかでも、抵抗感なく使っていただいたのが、なぜか建築関係のお仕事の方たちでした。」
と、当時を振り返りながら、語られる臼田さん。
器や料理のお話だけではなく、ご自宅を建てるときのエピソードなどもお披露いただきました。

臼田さん、あらかわさん、そして臼田さんのお姉さま。
とても楽しくおいしい時間を、ありがとうございました!

 


 

臼田けい子 - 暮らしを楽しむ『おいしい器』は、8月20日まで。
富山県高岡市三女子127  SUKENOショールーム
隣接の三女子モデルハウスにて開催中です。
(TEL 0766-25-4190 )

皆様、ぜひご来場ください。