FOR YOUR AMBIENT SUKENO

HOUSING

TECHNOLOGY
SUKENOのテクノロジー

断熱・気密性

屋根・壁の断熱

建物の躯体や開口部など、住まい全体を高性能な断熱材で包み込むことで、
優れた機密性能を確保し、「夏涼しく、冬暖かい」快適な住まいを実現します。
また、冷暖房効率も向上するので、省エネ効果を促進し、ランニングコストも節約することができます。
さらに、部屋毎の温度の偏りも少なくなるため、急激な温度変化により血圧などに及ぼす、ヒートショック対策となります。

SUKENOは断熱材に水で発泡する硬質ウレタンフォームを使用しています。

○水で発泡させるから、人にも地球にもやさしい。

イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用することで、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。

○住まいの大敵である壁体内結露を抑制する事により
建物の耐久性を高め、優れた断熱性を維持させます。

一定の透湿抵抗により断熱材の内部結露も起こりにくく耐久性に優れた住まいを実現します。室内温度差によるヒートショックも起こしにくく長期間に亘って快適な空間を維持することができます。

○住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう
現場吹き付け発泡による断熱工事。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

○繊維系断熱材にない自己接着力を持っています。

硬質ウレタンフォームは隙間なく充填するため、住まいの大敵とされる壁体内結露を抑制します。また、自己接着力を有する為、下がってしまう心配がありません。ウレタンフォームには紫外線によっての経年変化がありますが、内外装壁材によって紫外線は壁の内側には入り込めず、長期に亘って安定した性能を発揮します。

床の断熱
  • 床下には厚さ65㎜の押出法ポリスチレンフォーム保温板の断熱材を使用。
  • 床下にカネライトフォームが
    取付けられた様子

  • 優れた断熱性能

    独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込めることで、熱伝導の三要素として知られる熱の「対流・輻射・伝導」の数値を小さく固定化。独立気泡が熱をさえぎり、結露を抑制します。

  • 給水・吸湿性がほとんどない

    独立した気泡構造により、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。

  • 優れた断熱性能

    フロン及びPRTR法※対象物質の発泡剤としての使用を撤廃し、ホルムアルデヒドも含まれておりません。また、マテリアルリサイクルも可能で、グリーン購入法にも適合しています。

    ※PRTR法:人の健康や生態系に有害な恐れのある
     化学物質の排出量、移動量を測り、公表する制度

窓の断熱

外壁と比較して窓(単板ガラス+アルミサッシ)の断熱性能は5倍~10倍劣ります。冬は熱が逃げ、夏は室内に熱が入りやすいため、窓の断熱対策は重要なポイントとなります。

出典:一般財団法人日本建材・住宅設備産業協会

各部位の断熱性能を数値で表す指標に「熱貫流率」があります。熱貫流率は数値が小さい程、
断熱性能が高いことを表します。

SUKENOでは最も外気温を室内に伝えやすい開口部には、Low-E複層ガラスとアルミ樹脂複合サッシを標準仕様としています。

○Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)

金属膜をコーティングした窓ガラスは、夏は太陽の熱線を50%カット。冬は熱を外ににがさないため、冷暖房効率が向上します。また、紫外線も76%カットします。

○アルミ樹脂複合サッシ

アルミと樹脂の複合構造を採用し、高い断熱クオリティーを実現。枠、障子に発生する不快な結露の発生を減らして、健やかな室内環境を保ちます。